これが独身・非正規フリーターの将来【若い時から対策すべき】

フリーターにとって1番の不安材料は「将来」ですよね。

 

サラリーマンとして働くより、仕事内容は楽でしょうし、時間的な余裕もあるはずです。何よりストレスが少ないのがメリット。正社員として働いて、精神的に消耗するくらいならそっちの方がマシだと僕も思います。

 

でも今が良くても、将来はどうなっているかわかりません。金銭面では非正規の場合、正社員と圧倒的な差が開きます。社会的な地位も違います。その時に感じる幸福度も違ってくるでしょう。

 

まぁ僕としてはフリーターで生きることは悪いことだとは思っていません。僕自身フリーランスとして働いていますが、フリーターみたいな生活を送ってますからね。

 

でも将来覚悟しておくべきことがあるということです。

 

この記事では、将来独身・非正規のフリーターに襲いかかる10個の試練を、ざっくりと「人生」「仕事」「お金」「幸福度」に分けて紹介します。

 

 

 

将来あなたの人生で起こること

周りからの見る目が変わる

先ほども言った通り僕はフリーターの生き方が悪いと思っていません。むしろ僕は「別にフリーターでもいいじゃん」と思ってるくらいです。

 

「夢を追いかけるために」「サラリーマンになるのが面倒だから」「創作活動に専念したいから」などどんな理由でも、どんな生き方をしようとその人の自由ですからね。

 

周りの人も若いうちはその生き方を認めてくれますよ。場合によっては「夢を叶えるために頑張ってね」と応援してくれる人もいるはずです。

 

でもそれは若い時までです。

 

歳をとればとるほど世間の目は厳しくなっていきます。特に30歳を過ぎたあたりから。「あの年齢でまだ非正規のフリーターをやってるの?」「そろそろ現実を見た方がいいんじゃない?」「だから日本は良くならない」などなど。

 

仕事では、昔はちょっとのミスくらい許されても、歳をとれば「その歳でこんなこともできないのか?」と言われるかもしれません。

 

恋愛では、昔はモテてたのに、歳をとると「フリーターの人とは付き合えない」と言われ、ずっと独身の道を歩むことになるかもしれません。

 

家族からは、「何歳までフリーターをやってるんだ」と言われるかもしれません。

 

周りの意見を気にしてしまう人にとっては結構辛い。まぁ僕はそんなの無視して、好きなように生きればいいと思ってますけどね。僕は今フリーランスで働いてますが、将来なんと言われようと周りの意見は無視するつもりです(笑)

 

 

圧倒的に開いた周囲との差

「夢を追いかけるため」「何かスキルを磨くため」それなら問題ありません。

 

でもなあなあとフリーターをしている人は将来、圧倒的に開いた周囲との差に唖然とする可能性があります。

 

フリーターは確かに楽です。非正規社員であるわけですから任せられる仕事の責任もそこまでないですし、時間的自由もあります。

 

一方、正社員の方々は自分の人生を多少なりとも犠牲にして、会社のために身を粉にして働いているわけです。となると当たり前ですが、社会的地位も違ってきますよね。

 

会社で大きなプロジェクトを任されて、多くの部下を従えているかもしれません。そして多くの給料をもらっているかも。周りには結婚して幸せな家庭を築いてる人もいるかもしれません。

 

 

 

将来、仕事で苦労すること

なんのスキルもないかもしれない

あらゆる仕事はロボットによって効率化されていってます。

 

かといって人間がする仕事がなくなるわけではなく、むしろ仕事で求められるレベルはどんどん上がっていきます。歴史を見ればわかります。昔は多くの人が農業に従事してました。でも今は知的産業の割合が増えています。

 

これからもその流れは続きます。

 

将来、求められる仕事のスキルのレベルも上がっていくわけです。

 

だから今、なんのスキルも身に付けようとせず、ただただ人生を生きているだけだと、将来苦労する可能性は非常に高い。

 

もちろんサラリーマンの人たちにも言えることですが、彼らは仕事をしているうちに自然と専門性が高まっていきます。必死に勉強してしがみついてないと、仕事が続けられないから。

 

フリーターは非正規社員ですから、専門的な技術は必要なく基本的に言われたことだけをやっていれば、給料がもらえます。スキルなんて身につける必要がない。だからこそ将来がやばいわけです。

 

 

働き続けないといけない

スキルがないということは、いい仕事も見つかりにくくなります。それにより安い賃金で働くことになります。低賃金ということは貯金もなかなかできません。正社員と違って老後もらえる年金も少ない。

 

となると老後も働き続けなければいけません。

 

今は若いからフリーター生活を送れているかもしれませんが、老後も同じことを続けられるとは限りません。体力の衰えもあって、働くのがさらに辛くなります。

 

正社員として働いていた人たちは、しっかり老後資金を貯め、たっぷり年金をもらえるから穏やかな老後を過ごします。

 

一方、ずっと非正規のフリーターを続けていた人は、老後もフリーターを続けなければならない可能性がある。

 

働くのが好きならいいですけど、老後も今と同じ仕事を続けたい人ってあまりいませんよね。

 

 

年下にこき使われてるかもしれない

今は若い人なら大丈夫かもしれませんが、歳をとるにつれて上司が年下になる可能性は十分にあります。

 

30代になった時には、20代の社員が自分のことを指示している。

40代になった時にも、20代の社員が自分のことを指示している。

50代になった時にも、20代の社員が自分のことを指示している。

 

プライドが高い人にはちょっと厳しいかもしれませんね。

 

 

 

将来お金の苦労は高い確率でやってくる

年収はずっと低いまま

ここであえていうまでもないのかもしれませんが、フリーターと正社員では生涯賃金に大きな差があります。

 

正社員の生涯賃金が2〜3億円であるのに対して、非正規のフリーターは5000万円〜8000万円。

 

フリーターの年収は100万円未満が16.7%、100〜150万円未満が44.7%。将来的に昇給やボーナスもありませんからね。どんなに頑張っても一生この水準の給料です。

 

いや〜かなり厳しいですよね。

 

まぁお金がなくても生きていくことはできます。田舎に住めばただ同然の賃貸だって見つかりますし、友達がいればその家に居候もできる。食事も誰かに奢ってもらえばいい。最悪実家でニートするか、生活保護受給もあります。

 

でもそれは最悪のケースであって、実際には普通にお金を稼いで、自由に生活したいですよね。

 

お金があれば確実に自由度は上がります。逆にお金がなければできないことが沢山あるんです。

 

世界を旅するのが趣味でも、お金がなければ頻繁に海外に行くことはできない。食べることが趣味でも、お金がなければ本当に食べたいものを食べられない。車やバイクが趣味なら普通に大金が必要です。

 

つまりお金がないことで、好きなことが思う存分できない可能性があるってことです。

 

別に趣味もないし、好きなこともないという方ならお金がなくても自由しないと思いますが、大半の方は少なからずお金が必要なはずです。

フリーターが今すぐ始めるべき副業11選【ボクはこれで成り上がった】

 

 

貰える年金はたったの月5万円

お金の問題が本格化するのは将来の老後です。「フリーターでただゆる〜く人生を生きられればそれで幸せ」という方でもお金の問題に直面する可能性があります。

 

ただし「厚生年金を支払っていた」「老後資金のために数千万円の貯金をしていた」方は大丈夫です。安心して老後を送ることがでいます。

 

問題なのは、上の2つの条件を満たしていないフリーターです。

 

まず年金から。老後は大半の方が年金で生活しますよね?正社員で働いていた型は厚生年金に加入しています。老後は約月15万円もらえます。そのくらいあれば、なんとか生活できます。

 

一方フリーターは、国民年金に加入します。それで老後もらえる金額は月に約5万円。これ結構きつくないですか?というか家賃、食費、光熱費、雑費などを考えたら普通は生活できないと思います。

 

だからフリーターの方は絶対に貯金をしなければいけません。

 

若い時からしっかり貯金して、60歳の頃に数千万単位のお金があれば老後も、安泰に暮らしていけるでしょう。

 

でも銀行口座にお金はすっからかん、国民年金も払っていなかった場合には、生活保護を受けるか、若い時と同様に老後も働き続けないといけません。

 

 

 

一生フリーター、それで幸せなのか

結婚はできないかもしれない

これは人によっては結構大きな問題なんじゃないかなと。僕なんかは結婚する予定はありませんし、したいとも思っていません。一生独身でいいと思ってます。フリーターをされている方は僕と同じような考えを持っている人も多いですよね。

 

でも人の考えって簡単に変わります(笑)

 

僕も今は結婚する気はありませんが、将来好きな人ができたら結婚したいと思うかもしれません。というか自分を好きになってもらって、結婚してくださいなんて言われたら簡単にOKしちゃいそう(笑)

 

「フリーターでもいいよ」と言ってくれる相手なら問題ないかもしれませんが、実際はそうはいきません。

 

多くの人は結婚相手にいい収入と安定した職業、社会的地位などを求めますから、どこかで”フリーター”というのがネックになるはずです。

 

そもそもフリーターだと相手すら見つからない可能性があります。将来結婚したいと思ってるのであれば、どこかのタイミングで正社員を目指したほうがいいと思います。

 

もちろん”一生独身でいい”という考えも僕はありだと思いますよ。

 

 

老後は一人孤独かもしれない

正社員の方は会社での人間関係があり、老後も元同僚との付き合いがあるかもしれません。結婚して家庭を築いた人は、奥さんや子供、親戚との繋がりがあります。子供の学校での繋がりもできているはずです。

 

一方フリーターは、人にも寄りますが、アルバイトなので同僚との付き合いもそこまで深くならないですよね。結婚をせず独身の場合には、先ほど挙げたような人間関係はありません。

 

僕は一人が好きです。海外にも普通に一人でよく行きます。でもやっぱりずっと一人だと寂しいと思うんですよ。

 

歳をとって、親がいなくなったら自分一人しかいないような人間関係だと結構寂しいと思います。

 

別にサラリーマンになれとは言ってません。フリーターのうちに、老後も付き合える人間関係が作れればいいと思います。

 

 

いい大人になってから親に迷惑をかけるかも

社会人になるまでは、ほとんどの人は親の世話になります。そして社会人になったら、正社員として働いてお金を稼ぐ。そのお金で親を援助する。これがまぁ一般的なかたちですよね。

 

でもフリーターで貯金もなく、家もなく、結婚相手もおらず、年金ももらえず。こうなると頼る相手は親しかいなくなります。

 

生き方は人それぞれなので、親に頼ってもいいと思いますが、今まで育ててくれた恩返しくらいはしたいですよね。

 

 

 

人生を楽しめてないかもしれない

ということで将来フリーターの方が立ち向かうことになる問題を紹介してみました。

 

仕事も楽しめず、お金もなく、人間関係も希薄。全ての人が将来こうなるとは言いませんが、こうなる可能性は十分にあります。

 

問題はそれが本当に楽しい人生なのかですよね。

 

フリーターのメリットは「時間的な自由がある」「責任が軽い」など、一言で言えば「楽」になると思います。

 

若い時はそれで楽しいかもしれません。でも将来的に苦労する可能性は十分にあります。

 

ぜひフリーターをされている方は、今だけではなく将来自分がどんな人生を歩みたいのか考えて、進む道を選択してください。

 

「本当は正社員になりたいけど、社会経験がないし、仕事ができるか心配」という方なら、ハタラクティブなどのサービスを使ってみるといいですよ。普通に仕事が見つかりますから。

 

 

 

若い頃から対策を打つ

最後にフリーターでも将来いい生活が送れるように、今からできる対策を考えました。何も特別なことは言ってません。基本的に誰にでもできることなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

徹底的に貯金をする

とにかくお金は貯めましょう。フリーター最大のデメリットは収入の低さです。歳をとればとるほど正社員との給料差は開いていきます。

 

しかし、非正規フリーターでもしっかり貯金できていれば大丈夫です。

 

結局一番大切なことは、「いくらお金を持ってるか」です。サラリーマンがお金持ちで、フリーターが貧乏なわけではありません。

 

  • 年収が1000万円あっても、貯金が100万円しかないサラリーマン
  • 年収は200万円しかないけど、貯金は1200万円あるフリーター

 

どちらが金持ちかと言ったら、後者です。フリーターでも貯金があれば幸せな老後を送ることは十分に可能です。

 

 

バイト以外の収入源の確保

貯金をするのと同時並行で、バイト以外の収入源の確保をしましょう。フリーターなら割と時間をコントロールしやすいですよね。

 

できるだけ時間を作って、何かお金稼ぎをしてみましょう。今の時代インターネットが発達しているので、小銭程度なら簡単に稼げます。イラストが得意ならクラウドソージングで絵を売ってみたり、文章が得意ならWEBサイトのライターをやってみるのもいいでしょう。

 

色々やっているうちにだんだんとスキルが身について行きます。するとバイト以外の収入源の確保と同時に、お金になるスキルを身につけることができます。

 

フリーターの収入が少なくて困ってるなら、絶対に副業には挑戦してみましょう。

一生フリーターで生きるのは十分可能。ただし覚悟するべき4つのこと

 

 

 

最後に:フリーターで別にいいと思うよ

ということで、僕が考える「独身・非正規フリーターの将来」をいくつか紹介させていただきました。

 

ここまで読んで暗い気持ちになった方もいるかもしれませんが、あまり気にしないでください(笑)

 

必死に絞り出しての10個ですからね。最初は4つくらいしか思いつかなくて無理やり引き伸ばしたんです(笑)

 

これからはより雇用が流動化する時代です。以前のように1つの会社に一生勤め上げるという常識は消えつつあります。

 

そして複数の職業を持つ時代になります。

 

それに伴って非正規雇用に対する考えも変わります。よりフリーターに優しい社会になるかもしれません。だからそこまで深刻に考える必要はないんじゃないかなと。

 

でも正社員よりも苦労する面は確実にあります。もし「正社員になりたいけど、どこから始めればいいのか分からない」という方なら、ハタラクティブなどの就職支援サービスを利用してみることをオススメします。普通に良い仕事は見つかりますから。

フリーターが今すぐ始めるべき副業11選【ボクはこれで成り上がった】

「フリーターで生きるのは全く問題ない」と僕が思う7つの理由

パグです。格差社会を生き抜くための武器(知恵)を提供します。新卒でフリーランスになり、日本とアジアのデュアルライフを送ってます。ライフスタイルはTwitterとInstagramで公開。

コメント:

Sliding Sidebar