【脱出法】貧乏人が貧困層から抜け出すための3つの簡単な方法



メディアなどではよく、貧困に苦しんでいる人たちの様子が取り上げられます。

 

小さい頃から、ひどい環境にさらされていたことで、貧困層から脱出できない人。生まれ育った環境はよかったが、自己の堕落によって貧困層に落ちてしまった人などたくさんいます。

 

まぁ貧困のほとんどの原因は環境のせいなので、どんなケースでもかわいそうだなと思います。

 

でも環境のせいにしても何にも始まらない。というか環境のせいにするその思考が自身を貧困層に陥れている。

 

貧困なんてものは、「正しい情報」そして「努力」と「ちょっとの忍耐」があれば誰に立って抜け出すことはできます。簡単なんですよ。

 

でもそれが貧困層の方々は、正しい情報を知らない、そして努力ができないし忍耐も苦手。だからなかなか貧乏から脱出できないんです。

 

今日は、上から目線にはなってしまいますが、偉そうにも貧乏人が貧困層から脱出する方法をお話しします。

 

 

 

貧困から脱出する方法

貧乏から脱出することはいたって簡単です。次のことを実践すればいいんです。

  • 収入を増やす
  • お金を無駄遣いしない
  • 貧乏人の三種の神器(酒、ギャンブル、テレビ)をやめる

 

「いや、そんなことわかってるよ」と思った方が大半ですよね?まぁ当たり前のことを言ってますからね(笑)

 

でも実は間違った考え方をしてる場合が非常に高いです。例えば一つ目の「収入を増やす」に関して

 

多くの方は、正社員であれば今いる会社で一生懸命頑張って、たくさんお金を稼ぐことを考えます。今フリーターの方であれば、正社員になってたくさんのお金を稼ごうとか思っているはずです。でもそれでは絶対に貧困から抜け出すことはできません。

 

そして「お金を無駄遣いしない」に関しても、多くの人は間違った考え方をしている。無駄遣いの基準があまりにも甘すぎます。

 

「貧乏人の三種の神器(酒、ギャンブル、テレビ)をやめる」に関しては見逃しがちの人も多いですよね。はっきりって、これらに熱中しているような人は貧困から脱出するのは不可能と言ってもいいくらい、強力な貧乏人製造機です。

 

この記事では次の3つに分けて、貧乏人が貧困から脱出するべき方法を紹介します。

  • 貧乏人がとるべき収入を増やすための行動
  • あなたの消費の90%は無駄遣い
  • 貧乏人の三種の神器をやめれば自然とお金は増える

 

 

 

貧乏人がとるべき収入を増やすための行動

なぜ貧乏人がいくら会社で努力してもお金持ちになれないのか

先ほど「正社員で一生懸命頑張っても貧困からは抜け出せない」「フリーターが正社員になっても貧困からは抜け出せない」と書きました。

 

なぜだと思いますか?

 

理由は、貧困層の人はいくら頑張っても他の正社員には勝てないからです。これはちょっとひどい言い方にはなってしまいますが、貧困層にいるということは、学歴が低く学力も低い場合が多い。全員とは言いませんが、その確率が高いですよね。

 

その場合、会社組織の中でいくら頑張ったところで、他の社員には勝てないんですよ。

 

会社の中にはいろんな人がいます。中卒、高卒、大卒、主婦、フリーター、大学生などね。この中でも正社員をしている人たちは高学歴、そして学力の高い人が集まる。つまり大卒ってことです。

 

さらに大卒の中でも、将来会社の幹部になるレールは決められているし、一般社員のままのレールも決まってるし、いつまでも現場の仕事をし続けるレールも決められています。

 

もちろん働いている間に結果を残せば別の話ですが、大体はこのようにあらかじめレールが引かれているわけです。

 

もしあなたが今働いている仕事で何年も一生懸命頑張っているのに、貧困層から抜け出せていないなら、その仕事をいくら頑張ったって無駄です。一生そのまま。

 

 

日本は実は見えない階級社会になってる

貧乏な人が、他の優秀な正社員と勝負をしても絶対に勝てないとお話ししました。それがどういうことなのかさらに詳しくまとめてみたました。

 

日本の仕事にはざっくりと分けて4つの階級が存在します。

収入
 例
母数
1
超高学歴&超実力勝負
外資系企業or超大手企業の正社員、経営者
非常に少ない
2
センス&超実力勝負
個人事業主、中小企業経営者、アーティスト
少ない
3
学歴&実力勝負
大手or一般企業の正社員
多い
4
実力も学歴もいらない
×
正社員、派遣、アルバイト、パート
多い

 

ごめんなさい。我ながら下手な分類になってると思います(笑)。でもざっくりいうと、こんな感じの構図になっているわけです。

 

で問題なのは、自分が今どの位置にいて、どこで戦わなければいけないのか。そしてどこで戦えばお金持ちになれるのかを考えるべきだということです。

 

 

ライバルがないところで戦う

当然、学歴も頭の良さもないのであれば、1(超高学歴&超実力勝負)と3(学歴&実力勝負)は除外。

 

必然的に2(センス&超実力勝負)か4(実力も学歴もいらない)を選ぶことになります。

 

ただし4番は選んじゃダメです。その層にいたらいくら頑張っても、多くのお金を稼ぐことはできず、貧困から抜け出すことはできないから。そもそも貧乏人の多くはその層にいるわけですから、そこから抜け出さないといけない。

 

2を選びます。つまり自分のセンスと実力で勝負できる場所を選ぶってことです。言い換えれば、自分のビジネスを展開できる場所ともいえます。

 

「ただでさえ何の取り柄もないのに、自分のビジネスを持つなんて無理だよ」と思いました?普通は思いますよね。

 

でも今の時代、会社を作らなくても、自分一人でビジネスを始めることは普通にできます。しかもコストをほとんどかけずに。

 

いくつか例を挙げてみます。

  • YouTuber
  • 転売
  • WEBライター
  • イラストレーター
  • ブログ・アフィリエイト
  • インスタグラマー
  • フリーランス整体師
  • フリーランストレーナー

 

などなど。別に自分のホームページなんて作らなくても、簡単にビジネスが始められるんです。これ以外にも何か特技があれば「フリーランス+◯◯」として簡単にビジネスを作れる。

 

ちなみに1000万円以上稼げる仕事はこちら(20、30代で1000万円以上の年収を稼げる人とは)で紹介されています。この記事を読めばわかりますが、学歴や実力がないのであれば個人事業主しか道はないと考えた方がいいでしょう。

 

 

最初は小さく初めて、経験と実力をつける

特にWEBライターは敷居が低いと思います。CrowdWorksやランサーズなどのクラウドソーシングでライター案件はたくさん出ています。実力がついてきたら自分でWEBサイトを初めて、半年から1年しっかり運用していけば月数万円の収入を作ることは簡単です。

 

転売だって、今はヤフオク以外にも、メルカリという便利なアプリがありますよね。自分が得意なジャンルの相場を調べて、安いところから仕入れて、高く売る。これができれば結構な収入になります。

 

あと何か特技があれば、それを売ればいいんです。ココナラ」という自分の特技を売れるサイトがあります。「イラスト作成」「占い」「語学」「恋愛」「美容」「ファッション」「スポーツ」など需要があれば自分の特技も売ることが出来ます。

 

最初は小さくスタートして、小さくお金を稼いでいけばいいんです。

 

そこで経験と実力を積み上げていく。この積み上げが非常に大切。何かで成功するには、俺なりの時間が必要ですから。そして経験と実力がついてきたら、自分でお客さんを集めていく。サイトを作ったり、SNSで情報を発信したりしてね。

 

「パソコンを持ってないから無理」という言い訳はやめてくださいね。パソコンは安いものでは5万円程度で買えますから。コンビニのバイトを1ヶ月もやれば余裕で稼げる金額です。最悪スマホがあれば大丈夫ですし。

 

 

自分のビジネスには”頭の良さ”も”才能”も関係ない

「私には文章の才能もないし、特技もないから無理だ」って思っちゃう人も多いですよね。

 

それを言ってたら、何にも始まりません。どんな人でもスタートラインは一緒です。誰かにできたならあなたにもできないはずがない。

 

貧困に困っている方の中には、頭の悪さをコンプレックスに思っている方も多いと思いますが、上で紹介したような仕事ははっきり言って頭の良さは関係ありません。

 

実際僕だって大した学歴も持っていませんし、IQも決して高い方ではない。でもとにかく継続して続けたから、今フリーランスとして働くことができています。

 

だからあなたでも絶対にできるはずです。

 

ただ、1つ言えることがあるとすれば、自分で情報を集める能力。つまりインターネットや本で情報を得て、それを実践できる能力があれば絶対に何でもできます。

 

特に頭の良さに自信がないなら、本をたくさん読むことをおすすめします。本を読んで知識を身につけるだけで、IQの高い人や天才を倒すことは可能だからです。これは僕も実感しています。

 

どんなビジネスを始めるにしても、本を読むことがおすすめ。特にWEBライターとしての仕事を始める方。そしてブログ・アフィリエイトで成功したいなら絶対に習慣にするべき。

本当は教えたくないお金の勉強ができる本【9選】

 

 

経験と実力はつけていかないといけない

もちろん継続的に努力しても、最初は大したお金にならないかもしれません。どんな仕事においてもね。

 

1ヶ月間で1万円しか稼げなかったなんてことも十分にあります。僕も今WEBメディアの運営を仕事にしていますが、最初の月は10円くらいにしかなりませんでしたから。駄菓子すら買えませんよ(笑)

 

でもそれで諦めちゃダメ。

 

”ビジネス”をするわけですから、相当なセンスがない限りそう簡単に稼げるはずがありません。稼げるとしたらみんなが目をつけちゃってますから。それこそ大企業で務めている優秀な方々が副業として初めているはずです。

 

だからとにかく続けることが大切。結果が出なくても続けることが大切。

 

だって、さっきあげたような仕事は、正しい努力を続けていれば必ず結果が出るものだから。

 

今YouTuberとして活躍しているヒカキンさんも、最初からあんな有名だったわけではありません。何年間も視聴者がいない中、動画を配信し続けて、みんなが面白さに気づいたから人気者になったんです。

 

ブログだってそう。最初はアクセスが集まりませんが、Googleに評価されるような記事を書き続けていれば、いずれまとまったお金が入ってきます。

 

何か特技を売るにしてもそう。最初からお客さんなんて来ません。地道に実績を積み重ねてお客さんから信頼を得て、やっと軌道に乗って行くんです。

フリーターが今すぐ始めるべき副業11選【ボクはこれで成り上がった】

 

 

 

お金を無駄遣いしないければ貧困から抜け出せる

ここまでが「お金を稼いで」貧困から抜け出す方法でした。でも実はお金を稼がなくても、貧困から抜け出す簡単な方法はあります。

 

それは「お金を使わないこと」です。

 

「そんなの分かってる」と言われそうですが、実はほとんどの人がお金を使わないことで貧困から抜け出すことができる本当の意味を理解していないし、貧乏人のほとんどが実際には節約を実践できてません。

 

そこのとこの考え方を徹底的に矯正させていただこうと思います。

 

 

どんなに給料が低くても、貯金ができればお金持ち

まず貯金ができれば、貧困から抜け出すことができる理由から。

 

現代の日本において、余計なことをしなければ貧困に陥る可能性は限りなく低い。だって今はコンビニのアルバイトですら時給1000円以上はもらえます。都内では時給1500円以上の仕事もたくさんあります。

 

仮に時給1500円で一日8時間、週5日働いたら、1ヶ月で24万円稼ぐことができます。1年で290万円近く稼ぐことができます。ほぼ300万円ですよ?

 

時給1000円でも1ヶ月で16万円稼げます。1年にすれば190万円以上。

 

それだけあれば十分に生活できますよね?

 

無駄遣いをせず、実家暮らしをしていれば1年に100万円くらい貯めることは普通にできます。それを10年続ければ1000万円ですよ。

 

50年続ければ5000万円。これもはや、世間一般的にみれば富裕層の部類。

 

実際、ヤフーの知恵袋やブログでは、フリーターで1000万の貯金を持っている人はたくさんいます。もはやフリーターというより資産家ですね(笑)

 

これは日本人の金融資産保有額、つまり簡単に言っちゃえば貯金額の中央値です。(平均値だと一部の富裕層が値を引き上げてしまうので、中央値にしました。)

貯蓄額(中央値)
20代
0万円
30代
167万円
40代
200万円
50代
500万円
60代
650万円
70代
514万円

 

これを見てわかると思いますけど、貯蓄額1000万円というのは世間一般からみれば、とんでもない資産です。

 

コンビニのバイトでもしっかり働いて、貯金を続ければ1000万円の貯金を貯めることは普通にできますよ。

 

 

空いた時間でひたすら収入を増やせる

しかもお金が貯まったら、仕事に費やす時間を減らすこともできます。貯金1000万円もあったら無理して働く必要もないですよね。

 

空いた時間を使って、記事の序盤で紹介したような仕事をすればいいんです。長い目で考えれば、自分のビジネスをやったほうが雇われて働くよりも楽ですから。

 

 

現代社会では生きるのにお金がかからない

「年収200万円程度じゃ貯金なんてできないよ」と思ってる方も多いと思います。

 

でも僕は違うと思いますね。もちろん結婚したり、子供を作ったり、車を買ったり、バイクを買ったり、海外旅行をたくさんするような生活をしてたらお金はたまりません。

 

でも今の日本において、普通に生活する上でお金なんてほとんどかからないんですよ。

 

昔はDVDを買うとしたら5000円くらいは普通にしたし、レンタルをするにしてもわざわざTSUTAYAに行って、新作映画1本に300〜400円くらい払わなきゃいけなかったわけです。

 

それが今では、Amazonプライムビデオで年間3500円くらい払えば、膨大な数の映画を見ることができる。

 

音楽にしたってそう。一昔前は、一枚のアルバムを買うのに3000〜4000円というアホみたいに高い金額を払わなくちゃいけなかった。今はApple Musicに月1000円くらい払えば、世界中の音楽を無限に楽しむことができる。

 

携帯料金にしたってそう。昔はドコモやauに月1万円近く払わなくちゃいけなかったわけですけど、今では月1000円くらいの格安SIMがあります。

 

もはや食費以外の生活費はほとんどかからないんですよ。実家暮らしをしてれば家賃だってかからないし。

 

 

要は無駄遣いしているのが原因

だから現代の日本において、「貧困から抜け出せない」なんてちゃんちゃらおかしい。子供がいたりしない限り、無理して収入を増やす必要もなく、貧困から抜け出すことはできるんですよ。

 

要は、無駄遣いしているのが、貧困に喘いでる最大の理由です。

 

貧乏人のお金の使い方については、下の記事で詳しく書いてるのでチェックして見てください。

貧乏人のお金の使い方6パターン【これで貧乏の原因がわかる】

上の記事では、僕の主張をふんだんに盛り込んで書いているので、もしかしたら皆さんには一致しないところが多かと思います。

 

正しいお金の使い方については、ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」なんかを利用するのが手っ取り早いかと思います。

 

もちろん理想は自分で本などを使って、お金の本質的な部分を学ぶのがいいと思いますが、忙しい人には本を何十冊も読むとか厳しいですよね。

 

そういう方はファイナンシャルアカデミーに参加するのがいいかと。マネーセミナーと聞くとちょっと怪しい感じがしますが、ここはちゃんとしたところです。

 

僕も初回の無料講座に参加してみましたけど、クレジットカードの使い方とか普通に役に立ちましたもん。通うと結構高いので無料のところだけ参加するのがオススメですw

 

 

貧乏人がこよなく愛する3つの娯楽をやめる

最後に、手っ取り早く貧乏人から抜け出す方法を教えます。方法というか今すぐやめるべきことです。

 

やめるべきことは次の3つ

  • テレビ
  • ギャンブル
  • 酒、タバコ

 

僕はこれを「貧乏人がこよなく愛する3つの娯楽」と呼んでいます。今貧困で悩んでいて、一つでも当てはまっていたら、やめるべき。

 

おそらく無駄な努力をしなくても、これらをやめるだけで、貧困から抜け出すことはできますよ。

 

 

テレビはバカ製造機

貧乏人の娯楽の中でも最もやばいのがテレビ。はっきり言ってバカ製造機です。

 

実はテレビを見ることで知的能力が落ちることは、数々の学術的研究で実証されていることです。学力だってテレビの視聴時間に比例して低くなることがわかっています。

 

当然、所得が低い家庭ほどテレビの視聴時間が長いこともわかっています。

 

だから貧困から抜け出したかったら、単純にそれをやめればいいんですよ。

 

貧困の原因を簡単に言ってしまえば、バカだからです。より詳しくいえば情報弱者だから。

 

「貧困から抜け出す方法を知らない」「正しいお金の使い方を知らない」「お金の稼ぎ方を知らない」だから貧乏なんです。

 

テレビはあなたから物事を考える力を奪います。あんだけ無駄な視覚情報、聴覚情報を朝から晩まで頭にぶち込んでたら、そりゃバカになりますよ。

 

そしてテレビCMをたくさん見て、無駄な消費活動をさせられます。「バカを製造→広告商品を買わせる」これがテレビの本質ですからね。

 

彼らは「正しいニュースを発信して、日本をよくする」なんて1ミリたりとも考えてませんから。悔しかったら、とっととテレビを捨てて、自分で正しい情報を集めて、バカを卒業することです。

テレビがバカ製造機である6つの理由【賢く生きよう】

 

 

ギャンブルは始めた瞬間から貧乏人確定

これはもう典型的ですね。パチンコなんてやってる人は、ほぼバカです。まぁ極稀にパチンコで生計を立てている人たちもいるようなので、全員とは言いませんが、99.9%の人間はパチンコ業界のカモ。

 

貧乏人が貧乏である理由を知ってますか?お金の使い方が下手だからです。

 

お金持ちはお金が増えることにお金を使います。貧乏人はお金が減ることにお金を使います。お金持ちは勝てることにお金を使います。貧乏人は負けることにお金を使います。

 

パチンコはどの側面から見ても貧乏人の娯楽です。

 

だってお金が減ることは、確率的に明らかなわけですから。その時点で完全に負け組。

 

ちなみにパチンコをやってる人の中で「韓国は嫌いだ」と言っている人は、本当のおバカさんです。パチンコ業界を牛耳っている人たちのことを調べたほうがいいですよ。あなたたちが嫌いな人たちに搾取されているわけですから。

 

マルハンの”ハン”って韓流の”ハン”ですからね。(ちなみに僕は韓国が嫌いなわけではありません)

 

 

酒・タバコは百害あって一利なし

お金持ちでもお酒を飲む人はたくさんいますし、中にはタバコを吸う人もいると思います。

 

でも貧困から抜け出したいなら、絶対に酒とタバコはやめたほうがいいですよ。

 

理由は3つ

  • 知的能力が落ちるから
  • お金がかかるから
  • 時間の無駄だから

 

酒・タバコともに脳に悪影響を与えることはわかっています。学校で習いましたよね?だからやめるべきです。

 

「適度の飲酒は健康に良い」なんて言われていた時代もありますが、それも最近では間違いであることが証明されています。要は酒飲みの言い訳だったわけです。

 

そして理由の2つ目。酒、タバコともにすごくお金がかかります。

 

飲み会に出れば一回3000円くらいは普通になくなるし、家で毎日ビールを2本も飲んでたら月に1〜2万円は簡単になくなる。2万円を毎月貯金したら、1年で20万円ですよ…。10年で200万円。タバコもやめたらもっと貯金ができます。

 

そして理由の3つ目。特にお酒は時間の無駄です。飲んでる間はもちろんのこと、飲んだ後も頭がバカになってる状態なので、何も生産的な活動ができません。できることと言えば、しょうもないことにお金を使うことくらいでしょう。

 

以上の3つの理由から、貧困から抜け出したいなら酒とタバコはやめるべきです。

 

貧乏人が酒やタバコにハマってしまうのは、「現実から目を背けたいから」です。僕ももちろんその気持ちはわかりますよ。でも現実から目を背けても、問題は深刻化して行くだけです。

 

より良い未来を掴み取りたいなら、とにかく小さな努力を積み重ねて行くことです。

 

 

 

最後に:貧乏人がいつまでたっても貧乏なのは暇がないから

ということで貧乏人が貧困層から抜け出す方法を紹介しました。最後にまとめます。

  • ライバルが少ないところで収入を増やす
  • 無駄遣いをやめる
  • 貧乏人の娯楽をやめる

 

一番最初に収入を増やす方法を紹介しましたが、貧困から抜け出す上で大切なことは、”何かをやめること”なんです。

 

僕らは知らず知らずのうちにたくさんの情報に脳が汚染されています。周りの人間、テレビ、インターネットからね。

 

自覚がないかもしれませんけど、あなたの行動のほとんどは自分で決めたものではなく、外界からの影響によるものです。

 

だから、理想の人生を歩みたかったら、余計な情報は遮断することです。でないと余計な情報に惑わされて、より情報弱者になっていきます。簡単に言っちゃえば、誰かに都合のいいバカになってしまうということです。

 

もしかしたら貧困で困っている人は、優しくて、お人好しな方が多いんだと思います。

 

それ自体はとてもいいことだと思いますが、残念ながらこの世界のほとんどの人は、他人のことなんてどうでもいいと思っています。金さえ儲かればどうでもいいと考えている人もたくさんいます。テレビやパチンコを運営している人たちはその典型例です。

 

どうか皆さんには自分が幸せになれる人生を歩んで欲しいので、ぜひここで書いたことを実践してみてください。

 

二度目になりますが、正しいお金の使い方を手っ取り早く知りたいなら、ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」なんかを利用してみるのもありだと思いますよ。

 

僕もあんまりマネーセミナーとかにはあまりいい印象を持ってなかったんですけど、ここはすごく健全なところでした。大手企業が運営してるのでまぁ当たり前っちゃ当たり前なんですけどねw。

 

無料の講座もあるので、暇な時にでも足を運んでみてください。

お金の勉強をしないと一生搾取される人生を歩むことになる

パグです。格差社会を生き抜くための武器(知恵)を提供します。新卒でフリーランスになり、日本とアジアのデュアルライフを送ってます。ライフスタイルはTwitterとInstagramで公開。

2 comments On 【脱出法】貧乏人が貧困層から抜け出すための3つの簡単な方法

  • 本当に傷つきました。
    私の親は国立大学卒、国家試験合格、しています!
    タバコ酒ギャンブル、テレビなんてひとつもやっていません!テレビなんて家には無いです!
    私の住む県の最低賃金は、824円です。
    母の時給は880円、夜勤をして、休みは月に8回も無く、手取り15万。
    私の時給は160円(福祉施設の利用者)です。確かにコピックを持っていますが、週五日、1年間働いて、交通費を出して、必死に頑張ってお金を貯めたのに…。
    就活も満足に出来なかった人間に言われたくないです。
    働けもしない価値のない人間が偉そうに言わないで下さい。

  • 僕は両親が居ません。実家はありません。なので貧乏は実家に頼るありきな部分が実行できません。
    僕が住んでる場所は田舎なので中年以降のフリーターは厳しいです。50年もフリーターできません。中年男性はコンビニ、デパートのカート回収と警備員と清掃員。パートタイムのみ。
    それか雇われでフルタイム農業(時期限定)などしかないそうです。社保無し。どれも全て最低賃金762円です。
    それで子どもを持ってしまうと、生き地獄の様です。子どもが居たら貧乏から抜け出すのは難しいですか?独身限定ですか?毎日のビール1缶だけが慰めでした。
    あなたはお子さん居ますか?お子さんも大学卒業までに2000万くらい注ぎ込んだのに、結婚せず一生フリーターしたいと言い出しても許しますか?
    色々考えさせてもらいました。

コメント:

Sliding Sidebar