貧乏人のお金の使い方6パターン【これで貧乏の原因がわかる】

貧乏の原因は収入が少ないからと考えられがちです。収入がないから欲しいものが買えない、そして幸せになれない。そう考えている人は結構います。

 

でもこれは大きな間違い。貧乏の原因は収入の少なさではありません。支出の多さにあります。せっかく稼いだお金を、どんどん使ってしまうのが問題なんです。

 

年収1000万円でも、年収500万円でも、年収200万円でも正しいお金の使い方ができていればお金持ちです。逆にどんなに年収が高くても、稼いだお金を全部使ってしまうような人は貧乏です。

 

まぁお金持ちほどお金の使い方が上手いから、お金持ちになり、貧乏人ほどお金の使い方が下手だから貧乏人になってしまうんですけどね。

 

今日は貧乏人のお金の使い方にフォーカスしてお話ししていきます。

 

 

 

貧乏人は無駄なものにお金を使うのが大好き

貧乏人のお金の使い方の最大の特徴は、無駄なものにお金を使うということ。これは僕の周りを見ても100%当てはまるパターンです。いくつか例くをあげて見ます。

  • 大して喉が乾いてないのに、自動販売機で飲み物を買う
  • 大して食べたくないのに、外食で高いお金を払う
  • 大して欲しくないのに、安いからという理由で洋服を買う
  • 効果がないのは明らかなのに、ダイエット食品を買う
  • テレビCMでやってたシャンプーをとりあえず試してみる
  • お金がないのに外食をする

 

全部必要のないものですよね?こういったものにお金を使っても、その時の満足感以外には何も残りません。起こったことといえば、お金が減っただけです。

 

ある程度年齢を重ねれば、お金の使い方等のはわかってくるものです。「あの時、あれを買わなければよかったな」「あの商品には全く効果がなかったな」と後悔することがありますよね?

 

お金持ちはお金の使い方が非常に上手です。過去の失敗から学び、無駄なものにはお金を使わず、自分のためになる経験や知識にお金を使います。それが投資となり将来的に出費以上のお金を運んできてくれるわけです。

 

でも貧乏人ほど過去の経験から学ばず、何度も繰り返し無駄な出費を繰り返します。そして後悔。しかしまた次の買い物をする時には、人生をリセットしたかのようにとにかく無駄なものを買いあさります。そして後悔。その繰り返しです。

 

貧乏な家族の家ほどモノで溢れかえっているのは良く見る光景ですよね。

お金持ちの家ほど物がなく広々していて、貧乏人の家ほど多くの物に溢れて狭そうなイメージがありません?実際、テレビなどで紹介されている貧乏家族のお家を見ると、ほぼ100%物で溢れていま

 

 

欲望のコントロールが下手だから

なぜ貧乏人は無駄なものにお金を使い続けてしまうのか?何度後悔してもまた無駄な出費を繰り返してしまうのか?過去の失敗から学ばないと言ってしまえばそれまでですが、もっと根本的な問題があります。

 

欲望のコントロールができないからです。

 

お金があったら、日々のストレスを解消するかのようにバンバンお金を使う。洋服を買ったり、美味しいご飯を食べたり、お酒を飲んだり。

 

その時は、これ以上ないほどの幸福感に満たされて、なんて充実した人生を送ってるんだろうと思いますよね。

 

でも実際は、金で満たせる欲望をいくら得ても、人生は全く好転しません。むしろ金で買える欲望を得れば得るほど、人生は苦しく辛いものになっていきます。

 

なぜか?欲望に使ったお金は一生返ってこないから。そして消えたお金を取り戻すために、また辛く苦しい労働をしなければならないから。

 

ストレス解消で消費→幸せ→労働→苦痛→ストレス解消→幸せ

 

このループです。ストレス解消で消費を続けていれば、投資に回すお金なんてありません。勉強する時間もありません。だから貧乏人が貧困から抜け出すのが難しいんですね。

 

今得られる短期的な快楽は我慢して、将来幸せを得るために行動ができればお金持ちには簡単になれます。

絶対に知っておくべき貧乏人の7つの特徴【格差社会を生き抜く】

 

 

 

貧乏人がお金を使うときの思考回路

欲望をコントロールすることができれば、支出は減らせる。そしてお金に余裕のある生活ができる。僕が言うまでもなく、誰でもわかっていることだと思います。

 

でも多くの人はお金を無駄に使い、欲望を満たすことをやめられません。

 

思考回路がそうなっちゃってるんですよね。お金を使ってしまう思考、欲望を満たさずにはいられない思考。それらを思いつく限り書いてみました。

 

お金で幸せを得られると思ってる

「幸せはお金では買えない」とよく言われます。お金を持っている人ほどこのことを理解していると思います。僕も概ね同意します。

 

でも貧乏な人ほど、お金には何かとんでもないパワーがあって、それさえあれば幸せになれると考えているように思います。「こっちは金を払ってるんだぞ!」などのような思考を持っている人ほど、その傾向が強い。お金のない人ほどこのセリフを言ってそうですよね(苦笑)

 

 

でもお金で幸せは得ることはできません。お金でできるのは欲望を満たすことだけ。しかしそんなものは本当の幸せではありません。

 

ずっと欲しかったお洋服を買っても、満足感はすぐに消え去ります。美味しい料理を食べても、満足感は数時間程度で消えます。

 

本当にそれは幸せなのかと考える必要があると思います。

 

仕事のない自由な時間って幸せだと思いませんか?幸せですよね。それは簡単に手に入るんですよ。無駄な出費をやめて、仕事を減らせばいいだけです。

 

 

頑張った自分へのご褒美

仕事を頑張った日にはついつい自分にご褒美をあげたくなってしまうものです。僕もそういう時があります。

 

でも一つ注意してほしいことがあります。ご褒美に終わりはないってこと。

 

人生で辛いことはいつでもあります。仕事でも私生活でもね。それに対して毎回毎回ご褒美をあげてたらキリがないですよ。そして恐ろしいことにそのご褒美はあげればあげるほど、より強力なものが必要になります。今回は前より頑張ったから、もっといいご褒美をあげようってね。

 

でもそれで本当に満足感って得られるんですか?仕事を頑張った後に美味しいご飯を食べたり、お酒を飲んだりして本当に幸せですか?

 

辛い仕事をしては、お金を使って幸せになった気分になる。それの繰り返し。稼いだお金はどんどん消えていき、せっかくお金が入っても出ていく。まさに貧乏のループ。

 

そもそも、自分へのご褒美をあげてないとやってられない仕事をしてるのが問題なんです。それを辞めれば、ご褒美なんてあげる必要ないでしょうし、幸福度はかなり上がるはずですよ。

 

 

お金がなくなったら稼げばいい

お金がなくなったら稼げばいいという思考。確かにそれでなんとかなりますけど、それでいいんですかね?

 

このマインドでは一生お金持ちにはなれません。稼いでは使って、稼いでは使っての繰り返し。一生貧乏のままです。

 

お金がない人ほど、お金を貯めなければいけません。その貯めたお金で、経験、スキル、時間を買うんです。それが投資となり、将来より多くのお金を運んでいてくれます。

 

貧乏から抜け出したいのであれば、お金がなくなったら稼げばいいなんてマインドは捨てましょう。

 

 

今逃したらチャンスはもう来ない

お店に行くといつもセールをやってますよね。ショッピングセンターに行ったら、あの欲しかった服が50%になってる。ランチを食べに行ったら、今日だけ割引になってるから、せっかくだしちょっと高いのを食べよう。

 

どれも今そのチャンスを逃したら、損をする。そのように思います。

 

でもそれって本当の欲しかったものですか?セールや割引につられて買っているだけじゃないですか?

 

少し自分の行動を振り返ってみてください。この前もセールや割引につられてついついちょっと高い買い物をしてたんじゃないですか?

 

世の中には、お客さんにお金を使わせるためのトラップがいたるところに用意されてます。それにいちいち反応して、ちょっと高い買い物をしていたら、どんどんお金は減っていきますよ。

 

お金を使う前に、それが本当に必要なものなのか考えましょう。そして価格に見合った価値のあるものなのか考えましょう。

 

 

 

最後に:貧乏人はお金を使いたくてしょうがない

貧乏人のお金の使い方について書きました。結局まとめると、貧乏人ほどお金を使いたくてしょうがないってことです。

 

お金でストレスが解消されるからお金を使う。美味しいご飯を食べれば幸せになれるからお金を使う。酒を飲めば嫌なことを忘れられるからお金を使う。

 

お金で物事を解決しようとしてるんです。

 

でも当然のことですが、この世の中でお金で解決できることはほとんどありません。逆に搾取され、事態はより悪化していきます。

 

貧乏から脱却したいのであれば、短期的な欲望を満たすのを我慢しましょう。そして将来の幸せのために努力をしましょう。

 

そうすれば自然とお金が貯まり、本当の幸せが手に入るはずです。

 

正しいお金の使い方をお金の教養講座などのセミナーに参加して勉強してみるのもオススメ。無料なので、行っても損はないですよ。

お金の勉強をしないと一生搾取される人生を歩むことになる

パグです。格差社会を生き抜くための武器(知恵)を提供します。

Sliding Sidebar