内定ゼロ、2ヶ月で就活をやめた人間の末路【今は新卒フリーランス】

3月に始まった就職活動を5月にはやめていたPUG(パグ)と申します。

 

今就職中で「内定が全然取れない」「もう就活をしたくない」と悩んでいる方の励みになるかはわかりませんが、こういう人もいることを知ってもらえればと思い、この記事を書いてます。

 

みなさん気になる、そして心配なのは就職に失敗したら人生がどうなってしまうのかということですよね。新卒で就職できなかったら人生終わりだと考えている人もいるかもしれませんね。

 

そういう人のために就活をやめた人の末路を書きます。

 

といきたいところですが、僕個人のお話をすると、全然人生は終わってませんよ(笑)。大学を卒業してそのままフリーランスとして働いてます。ちなみに新卒サラリーマン以上の収入を得られてますし、結構楽しく人生を生きられてます。

 

僕がどんなことをしているか後ほど話すとして「僕が就職するのをやめた理由」「就活をやめた時の状況・心理状態」についてお話ししていきますね。

 

最初に言っておくと、今の時代は個人で生きやすくなってます!

 

 

 

気になる僕のスペック

新卒でいきなりフリーランスで働くってPUG(パグ)さんが優秀だからじゃない?」と思われる方も多いと思います。「ああそうだよ。俺ほど優秀なやつはいない」と言えればいいんですけど、そんなことないです(笑)。

 

通っていた高校の偏差値は45程度。大学は早稲田、慶應に通ってましたと言いたいところですが、実際は普通の大学です。

 

とりあえず僕のスペック箇条書きで書いていきます。

 

僕のスペック&趣味

  • ごく普通の大学
  • 大学時代、欧米に留学経験あり
  • TOEICは日本で上位5%に入るレベル
  • TOEIC以外の資格は自動車免許のみ
  • 趣味なし
  • 将来のために読書はたくさんしてた

 

どうですかね?イメージ湧きました?留学経験とTOEIC高得点はかなりインパクトがあるので優秀な感じがしますね。でも実際はそんなことなくて、どこの大学にでもいる普通の大学生です。

 

これは自信を持って言えることですが、大学で学んだことは一切ありません。それくらい勉強はしてませんでした。順位も真ん中らへん。就活でも採用側から特によく見られていた感じはなかったですね。

 

 

 

就活をやめた時の状況

3月に始まった就活を5月にはやめてたわけですが、その時の状況を箇条書きで書きます。

 

やめた時の就活の状況

  • 10社ほどの説明会に参加
  • 面接は1社だけ受けた
  • もちろん内定はゼロ
  • 派遣バイト以外の収入源ゼロ

 

就活もそんなに上手くいっていたわけではありません。そもそも自己分析とか企業分析とか一切やってませんでしたからね。あとインターンとかもやったことないです。

 

3月に入ってから、面白い会社あるかなと探して、気になるところは説明会に行ってました。

 

その中で、とりあえずエントリーシートが通ったIT企業の面接を受けて、1次面接で落ち。ちなみにエントリーシートを出したのも、面接を受けたのもこれが最初で最後となりました。

僕が就活に失敗した理由と、内定ゼロで卒業した人間の末路

 

 

 

なぜ就活をやめたのか?

普通に考えたら新卒カードを捨てるなんて相当もったいないことだと思います。だって新卒なら割といい会社に入れるかもしれませんし、会社できちんと教育してもらえますからね。

 

でもそんなメリットを捨てまでなぜ僕が就活をやめたのかお話ししていきましょう。

 

 

そもそも会社で働くのに向いてない

簡単に言ってしまうと日本があまり好きじゃない。日本人自体は好きだし、世界にも誇れるくらいいい人たちだと思ってます。

 

でも日本社会全体で見ると嫌な面が多い。特に仕事となると最悪。

 

もうアルバイトの時点で日本の世の中がどうなっていて、いかにストレス社会であるのかなんてわかるじゃないですか?僕も大学生の時は幾つかバイトをしましたよ。塾、雑貨屋、ライブコンサートスタッフとかね。

 

正直言ってどれも嫌でした。

 

何が嫌って、人間関係です。日本人が普段からそうなのかもしれませんが、仕事では仲間同士で楽をしようとする意識がない。

 

仕事はとにかく辛ければ辛いほどいい」「楽をしてるやつは許さない」このような風潮があります。

 

少し頭を使って効率化を図れば楽を出来るのに「ルールがあるから」「許可がないから」「みんながそうしてるから」という謎の呪縛ばかり。

 

もちろん社会全体の常識や風潮なので、一人一人を責めるつもりはありません。実際僕も会社員なら周りに流されてしまうと思います。

 

でもこれではいつまでたっても日本は良くならないですよね。苦しいストレス社会の中で精神病患者が増える世の中が続くだけ。

 

だったら自分の身を守るためにも、日本社会が少しでもよくなるためにも、就職せず自由に生きようと思ったわけです。

 

多分、留学をしていた影響ですね。海外ってご存知の通り日本よりも圧倒的に自由です。これが自由と言えるかわかりませんが、コンビニのレジ係はスマホをいじってましたし、空港の職員もスマホをいじってる国でした。もちろん仕事中に(笑)

 

それで社会が回ることを知っているからこそ、自信を持って就活をやめれたんだと思います。

 

 

就活で自分の魂を切り売りするのが嫌になった

真面目な方は自己分析、企業分析をしっかりしてると思います。普通は自分にはどんな仕事が向いているのか、どこの企業が自分に合っているのか研究しますよね。

 

目標とする企業が見つかったら、いよいよ面接対策。採用されやすいように、印象の良い志望動機を作ったり、大学生活で得た貴重なものを語ったり。

 

正直言ってこれら全てが面倒でした。というかそもそもこれらを何一つやってません(笑)。

 

別に自己分析が無駄だとは言いませんよ。人によっては自分を見直す良い機会になると思いますし。

 

でも僕の場合、そもそも日本社会で働きたくないわけで。軽く面白そうな会社を探してましたけど、結局面倒なルールや人間関係の中で働かなくちゃいけないと思うと、どこも働く気になれないんですよ。

 

そんな状態でエントリーシートを書いたり、面接を受けても空振りしてしまうんですよね。

 

なんとか受かるように、悪魔に魂を売って「僕はこの会社に入りたいです」みたいな嘘を言いましたけど、本心じゃないからそのあとに言葉が出てこない。

 

正直言うと就活始まって1ヶ月くらいで嫌になってきて、2ヶ月後には就活をやめました。

 

 

就活にお金を使うのが嫌になった

あとこれも大きかったな。就活って交通費とか食費でかなりお金が必要じゃないですか?それが本当に嫌で嫌でしょうがなかった。

 

僕就活前にアルバイトをして数十万くらい貯めてたんです。海外旅行に行くために。

 

それが就活している間にみるみる減っていって、「これはやばい」と思って就活をやめました(笑)。

 

 

 

なぜ就職しない選択ができたのか?

多くの就活生はたとえどんなに就活が嫌で、やめたいと思っても実際に一歩踏み出せる人はなかなかいません。やっぱり怖いですからね。わざわざ新卒カードを捨てるくらいなら、どこかの企業にとりあえず入ろうと思うのが普通です。

 

なんで僕はやめられたのか?その理由についてお話ししていきます。

 

 

どうにか生きていく自信があった

よく言うじゃないですか?成功する人は根拠のない自信を持っていると。僕も就活をやめるときには「就職なんてしなくてもどうにかなる」という自信があったんですよ。もちろん根拠はありませんけど(笑)。

 

おそらく海外で生活してたからサバイバル精神がついたんだと思います。あと海外で生活しているときに、会社に雇われずに働いている人とたくさん会いました。その影響から根拠のない自信を持てるようになったんだ思います。

 

あと卒業したあとはアルバイトでもいいとも思ってましたね。若いなら再就職だって余裕ですから。

 

日本なら最悪生活保護もあるし、別にホームレスでもいいかともって思ってました(笑)。(起業家ではこういう考えを持っている人が多いみたいです)

 

だからどうせなら就職しない道で挑戦してみるかと決意。

 

 

「自由」が人生で最も大切なこと

人それぞれ幸せの形は違うと思います。「恋人と一緒にいる時間」「美味しいものを食べている時間」「海外旅行をすること」とか色々ですよね。

 

僕の場合、「自由」が人生において最優先するべき幸せです。

 

それを得るためなら、不幸になってもいいとも思ってます(笑)。それほど大切なことです。

 

これも海外にいたから気付けたことだと思います。僕にとって人生の充実度は、いかに自由な時間を過ごせているかに比例します。

 

でも会社で雇われてたら自由なんて感じられないですよね?自由と引き換えにお金をもらえるわけですけど、僕は自由がないならお金もいらない。だから就活をやめれたと。

 

しかもいまの時代、会社に属さなくてもお金を稼ぐ方法はいくらでもあります。就活してる時もそれを知ってました。だったらそれに挑戦すべきだろうと決めました。

 

 

 

就活をやめたあとは何をしてたのか?

そんなこんなで就活をやめたわけです。「いや〜これで自由になったわ〜」なんて言ってられません。だって卒業したらただのニートですからね。それはやばいと思って、会社に属さずに個人でお金を稼ぐ方法を模索しました。

 

ネットでいろいろ調べて、最もポピュラーで自分でもできそうな方法を探しました。それで始めたのがブログです。ブログに読者を集めて、広告から収益を得るビジネスモデルです。超シンプルですね。

 

これなら自分でもできると確信し、就活をやめた時からすぐにサイト作成を開始。この時はかなりの時間を割いてデザインやライティングの勉強をしました。

 

理系の大学だったので、就活が終わったら卒業研究を始めるわけですが、就活してると嘘をついてサイト作成を行ってました。就活では「悪魔に自分の魂を売りたくない」と言ってた男が平気で嘘をついた瞬間です(笑)。

 

結局就活をやめたことを報告してからも、卒業研究に支障をきたすほどにサイト作りに没頭。

 

それでも最初の収入は月500円くらい。缶ジュース4本分くらいですよ。

 

やばいことに10月にっても月5000円くらいしか稼げてなくて、さすがにまずいと焦りだし、さらに卒業研究はさておき努力しました。

 

その甲斐もあってか、卒業する頃には月10万円くらいをなんとか得られるようになってました。

 

 

 

大学卒業後はフリーランスで働く

で、今は結局どうしてるの?と気になるところだと思います。

 

そのまま新卒フリーランスとして働いています。フリーランスという言葉が正しいのかわかりませんが、会社に属さずに自分の力でなんとか生きています。

 

ありがたいことに新卒社会人の方々より高い収入得ることができています。

 

それよりも嬉しいのが、ストレスフリーに生きられていることなんですよね。僕、結構ストレスを抱えやすい性格で、今までの人生も結構辛い時期が多かった。

 

今は人生で、最もマシな時期だと思ってます。周りの人間関係も良好だし、何より時間の自由があります。好きな時に働いて、好きな時に遊びに行けるのはフリーで働く最大のメリットです。

 

今後の課題としては、労働時間を減らすことですね。「好きな時に働いて、好きな時に遊びに行ける」といいましたけど、結局1日12時間くらい働いてますから。休んでいる時でも常にネタを考えていますし、読書をする時も将来役に立つものを読みます。

 

もっと効率の良い働き方ができるようになったらいいなと思ってます。

僕が新卒フリーランスになった経緯と感想【最高すぎる】

 

 

 

最後に:就職しなくてもどうにかなる

就職するのをやめ、結局フリーランスで働いているわけですが、かなり楽しいですよ。新卒カードを捨てたことは全く後悔してません。僕には今の働き方が合ってると思います。

 

今の就活生の中にも、会社で働くよりもフリーで働く方が向いている人もいるはず。

 

僕は無理にこっちの世界に来いとは言いません。正直言って、楽な仕事ではないですし、安定した働き方ではないからです。僕は1日12時間、休みなく働いてます(笑)。疲れて「もう無理」ってなったら休む感じです。

 

しかも誰でもできる仕事ってわけではないと思います。運の要素もかなりあるからです。努力でかなりカバーできる部分もありますが、僕が今この働き方を出来ているのは、8割が運だと思ってます。それほど僕はラッキーです。

 

ただ本気でこうした働き方をしたいなら、挑戦してみるべきです。不可能じゃないから。人生は努力すれば運も味方してくれるものですよ!

家で寝ながらにして、簡単にお金が稼げる副業11選【ボクが実践済みの仕事】

パグです。格差社会を生き抜くための武器(知恵)を提供します。

Sliding Sidebar